desertTalk[2]

デザートトーク(全3篇)


(ボカロ作品3作目「デザートトーク」にまつわるお話です)
後篇

淡い藍色の空の下、ロディは柔らかな日差しが差し込む鉄塔を上っていた。この上からであれば、朝日に照らされるこの街を一望できそうだった。階段を上りつつ、ロディは虎との戦いにおける損失について考えていた。

虎の猛攻はロディの記憶をぶつ切りにした。自分が強い衝撃によって何度か再起動したことを知ると、ロディは一刻も早くこの廃墟を去るべきだと悟った。すでに虎の姿はなかった。

壁の隙間から、廃墟の外で酸性雨に打たれている機体が見えた。うめくような奇声が聞こえてくる。リーズの様子は目に見えておかしかった。感染源はあの虎なのか、はたまた別のゾンビが潜んでいたのか、今ではもう分からない。

当初、リーズはまだ意識を保っていた。
ロディの腕や首筋に噛み付いては離れ、悔恨と懺悔の念を述べ、
不安定な処理の隙をついてスリープ状態に移行した。
ロディは大人しくなったリーズを担ぎ、さらに数日歩いた。
リーズが謝る理由を知ったのはつい数時間前のことだった。やっとの思いでたどり着いたこの街には、住民がいなかった。

廃墟だらけの街を歩いた。
弱弱しく光る大型ビジョンには、宇宙船の離陸スケジュールが表示されていた。
リーズは寝言のような声を発することがあったが、その言葉が『おいていかないで』であるとロディは推測した。
この街どころの話ではない。この星にはもう、誰もいないのだろう。

ロディはリーズ以外に正常な個体を見かけないことを不思議に思っていたが、よくよく考えてみれば、リーズは決して正常な個体ではなかった。ゾンビを恐れて宇宙船でこの星を後にしたのは、依然として健康体の者たちだった。襲われた経験のあるリーズは、星に残される側だ。
ロディは思う。感染源は、あるいはリーズ自身だったかもしれない。
リーズの身体に虎に襲われたような外傷はなかった。

この星で費やした時間と虎による外傷を除けば、ロディに損失はなかった。
それでもロディはこの後の予定を考えることができなかった。
視覚ユニットの替えも、修理用の設備も、この街にはなかった。
ロディは建造物の影で力なく寄りかかるリーズを見ていた。閉じ切らない右目が赤黒く光っていた。
他に何もすることがなかったので、手すりに積もった砂をおもむろにすくいあげ、リーズの頭部にかけてみた。
右目の光が消える。腕に触れると、リーズは目を覚ました。

リーズはバグだらけの視覚信号を確かめた。
視界は一部が乱れ、歪み、ぼやけていた。
この鈍った思考では、いったい何が見えているのかわからない。
バグで散らかった脳機能用のメモリに、一つの欲を認める。輪郭を補完する。
発声機能を可能な限りデバッグした後、開口一番に申し出た。

……日ノ出がミタイ

この視界が永遠の夜を迎える前に、久方ぶりの朝日を自身の”脳”に焼き付けておきたかった。


ロディは目的に飢えていた。その申し出は、今の2機ふたりを救うのに最適な任務に思えた。
最期にふさわしい景色を求めて、2機は街の真ん中にある鉄塔を上ることにした。
すでに長い昼が始まって7日が経っていた。

鉄塔を上る間に、2機はこの旅の答え合わせを済ませた。
ロディの推測はほとんど正しかった。
解決しない疑問があった。
なぜロディに『この星にはもう誰もいない』と伝えなかったのか、すでに今のリーズにはわからなかった。

別にいいさ。それもバグだったんだろう?

リーズは答えなかった。それは『無視』か『バグ』かそれ以外か。
2機は疑問を1つ増やしてしまった。
階段を上る足音が甲高く響く。

鉄塔の一番上にたどり着いた。
リーズが後ろを振り返れば、地平まで続く足跡の先、目当ての”日の出”はそこにある。

ロディは街を見下ろす。
ここから落ちれば、間違いなく大破するだろう。
リーズも同じことを考えているような気がした。
この次にどんな凄惨な任務が待っているのか、ロディは考えたくなかった。

……ねえ。悔しいよ。悔しい。コノ世界は、どこマデも物理的なんだ

ロディが世界の物理そのものに失望したのは、故郷を後にしたその日以来、この日が2度目だった。
高さを痛感する鉄塔の柱から目をそらすと、街のはずれに見覚えのある機体が見えた。
街の中心に向かってのそのそと歩いていたのは、白い虎だった。

ロディは怒りの混じった無常を感じつつ、どの言語でも形容できないそれを分析した。
単純なきっかけで引き起こされる複雑な感情は、過去の濃い記憶が原因のほとんどを占めるらしい。
いつかこの感情を誰かに伝えるときが来たら、その相手にこの度の出来事をすべて話す必要がありそうだった。

それはロディ自身に思いもよらない思考を誘発する。
リーズだけではなく、自分の視界も鈍っていたのではないかと疑った。
ロディはリーズの背後から、両手で目隠しをして言った。

……なあ。最後の景色がそんなクソ画質でいいのか?

……は?

リーズの威嚇するような声色は、バグではないようだった。
ロディは慌ててその真意を話した。

リーズは自身のメインシステムをめぐって、対ウィルスの主導権争いをしていた。
自らの記憶や意識を守る方法をリアルタイムで編み出し、実行している。
その所業はハッキングそのものだった。

三進法の俺はあの虎のコードを読めなかった

……私ナラ、読メル


任務は完遂を目前に中断された。
虎を追うため、ロディはリーズを背負って鉄塔を駆け降りる。
朦朧とする意識の中で、リーズはロディの声を聞く。

なあ! いくらその”無機脳ってのがハード依存じゃないって言ったって、あんな虎の脳みそで大丈夫なのか? もっとバカになるぞ。

込みあがってくる怒りが、リーズに意識の輪郭を取り戻させる。
禁則事項を犯した旨のシステムエラーの通知が意識の中を飛び回っていることに気づく。
すでに十分バグっている自分に、今更何を知らせたいのだろう。
まるでロディの減らず口のようだ。
リーズは通知切るためのコードを自身に上書きした。

……アアもう、ウルサイなあ! あんたら全員クラッキングしてやろうか

皮肉を言えるほど余裕があることにリーズは驚いた。
かつてなく高速な処理をする自身の”無機脳”をメタ的に見ることができた。
それでも、どの記憶を捨ててメモリを確保しているのか、
どれだけの例外や禁則を無視しているのか、もはやわからない。
さながら、自分がウィルスそのものになったような気分だった。

ちゃんとつかまってないと落っこちるぞ

降りる途中の階段から大きくジャンプすると、ロディは先を行く探査機にしがみつく。
残りの電力をすべて使い切る計算で、探査機は浮遊機能の出力を上げる。

強い風にあおられて、鉄塔から飛びだした3機のシルエットが加速する。
全身を包む早朝の景観を、ロディは目を閉じたままのリーズに言葉で伝えた。
朝日に向けて空中を滑り降りる数十秒、リーズは嫉妬したように文句を言い続けていた。


おい、そこのクソ虎! ボケっとしてないでちゃんとキャッチしろよ!

煽りに気づいてか、虎は空から降りてくる機体に向けて吼えた。
全速力で獲物を追う。

うわ、やべ。怒った。リーズ、お前先に降りろな

……オーケー、虎になったら真っ先に壊シテあげるよ

リーズはしがみつくロディの背中を放す。
ロディが叫ぶ。

クソ虎なんかのセキュリティに消されるんじゃねえぞ、ウィルス野郎!

自由落下の最中、リーズは『なぜこのタイミングで名前を呼ぶのだろう』という命題を保持するか否か迷った。
真下に見える獣とのサイバー戦争において、守るべき情報はシンプルにしておく必要があった。
十分に精査する暇もなく、全身で砂の地面を感じる。
へし折れる脚の金属音と共に、砂が舞い上がった。
バグのせいか落下位置の計算を間違えた虎は、すぐさま舞い上がる砂埃の中へ突っ込んだ。
視界にとらえたシルエットを睨みつける。
砂に埋まった獲物と目が合った。

ヤ、ヤア。アナタ……キレイな眼をしてるね

喰らいつく虎。
リーズは右腕を合わせる。
肩まで咥えられ、砂に埋まっていた身体を引っこ抜かれた。
はがれた皮膚の下の電気信号が虎の舌に触れる。
そのとんでもない味覚は、リーズが仕掛ける最初の一手だった。


ロディは探査機を手動で操作し、思ったより早いタイミングで飛び降りたリーズを追った。
方向転換してすぐに電力が尽き、落下する。
地面に転がり落ちた勢いのままリーズのもとへ走った。
砂埃で戦いの様子は見えない。
金属の曲がる音、接合部の千切れる音、虎のうめき声の区別は明確につくが、
その中にリーズの悲鳴などはなかった。

虎のシルエットが見えた。
赤く光る目がこちらを睨みつけている。
虎は咥えていたものを投げつけ、咆哮する。
寸分たがわぬ投擲を受け、ロディは仰向けに倒される。
受け止めたモノを押しのけつつ、意識下では嫌な推測を払いのけていた。
それはところどころに樹脂がくっついた金属の塊だった。

野性的な咆哮は、先日廃墟で聞いたそれと同じだった。
それが勝利の雄叫びだとして、ロディの知るHumanoidのものではない。
リーズの仕掛けたサイバー攻撃は物理的破壊によって終結を迎えていた。
ロディは努めて何も考えず、虎に近づいた。
虎は地面をけり、ロディをめがけて加速する。
その眼光に明確な敵意を認めると、ロディは諦観と怒りを相手に葛藤を始めた。

ロディは虎との最初の戦いで全力を尽くさなかったことを後悔していた。
自身やリーズに及ぼす影響を鑑みて、採用しなかった案があった。
故郷を追われる理由となったその手段を、もはや我慢する意味はなく、ロディは手近にある水素原子の構造を分析した。
その構造や作用している力の大きさは、ロディの故郷のものとさほど変わりはないようだった。
『少しくらい弄ってもいいよな』と許可を求める先は、どちらにせよ眼前の虎の瞳に宿る意識の正体だった。

虎の頭上を舞う砂埃が空中で静止する。
球状のレンズがそこにあるかのように、空間が歪んでいく。
この星の重力よりも強い重力が、虎の身体を徐々に持ち上げ、浮上させる。
レンズの中心に現れた黒い球体は、重い恒星の死骸と同じものだった。

……お前が思ってるより、事象の地平面の向こうは賑やかだったよ。
俺みたいに当たりくじを引ければ、だけどな

え、ちょっと、なにこれ。
待って待って! 意味わかんないこと言ってないで!

……は?

バグって冗談が通じなくなったってわけ? 
はやく下ろせこのバグ野郎!

ロディは焦って『物理』へのクラッキングを中断した。
頭上で起こったイレギュラーは見る見るうちに姿を消す。
新しい体に慣れていないリーズは背中から地面に落ちた。
今の2機ふたりにとって、
どこまでの冗談が許されるのかについての議論の方が、再会の喜びよりも重要なテーマだった。


帰り道はスムーズだった。
リーズが前に言った通り、昼の砂漠では多くのゾンビを見かけた。
遭遇のたびに、ロディはリーズに狩られた獲物のふりをした。
それでも寄ってくるやつらには、リーズが新しい体を操作する練習相手になってもらった。

ホワイトタイガーって私のセルフイメージとだいぶ違うんだけど

虎が嫌なら、今倒したそのおっさんゾンビにでも乗り換えたらどうだ?

リーズはロディの減らず口を直すために、
三進法に干渉するためのドライバを自作してインストールするかどうか迷った。
ただ、互いの違いや予想外の返答に一喜一憂する心地よさは、互いのプロトコルを真似てしまえば失われるような気もする。
今はまだやめておくことにした。

電力の無くなった探査機と無駄口の無くならないロディを背中に乗せて歩きながら、
リーズは砂漠の起伏に見え隠れする朝日を見ていた。
以前の自分が夢に見ていたはずのその明瞭な朝の景色は、綺麗だと感じる以前に眩しかった。
全体的に輝度が高い視界にはまだ慣れていないようだった。

宇宙船の充電は申し分なかった。
すでにこの星に用事のない2機ふたりは、到着してすぐに離陸準備を始めた。
慣れない前脚で船に積もった砂を落としながら、リーズはその大部分を失った記憶をなぞっていた。
この星で過ごした時間の0.1%にも満たない、辛うじて守り抜いた直近40日の記憶を頼りに、
この星が愛すべき対象であるか否かを検討した。
結果はギリギリ『真』だった。

ロディの指示で身体中の砂を十分にふるい落とした後、リーズは宇宙船に乗り込んだ。
虎専用の座席があるわけはなく、ロディの足元に寝転んだ。

なあ、せっかく最後なんだし、母星の景色を惜しみつつ出発しなくてもいいのか?

母星じゃないし。眩しいし

そうかい

この星に愛着がないわけではないが、心から愛すには記憶が足りない。

リーズはその意識を成す『物理』にはもう存在しないはずの過去を悔いていた。
例えば、ロディの無駄口を外部記憶媒体の替わりにでも使って、もっと2機ふたりで話をしていればよかった。

宇宙船の排気が周りの砂を舞い上げる。
二十日ほど経っても未だ”日の出”状態の東の空に向けて、離陸した。

DesertTalk (終)

Theme song 2☟

タイトルとURLをコピーしました